結婚式 プロフィールムービー 急ぎ

結婚式のプロフィールムービーをお急ぎの方!最短5営業日で出来る

結婚式までもうすぐだけど、プロフィールムービーを作っていないで慌てているあなた。
プロフィールムービーを急ぎで作りたいあなた。
結婚式まではいろいろと準備があって忙しいですよね。

 

結婚式場の手配、参加者選びと案内送付、式の内容についての取り決め、衣装選びなど日常の生活をしながら結婚式の準備をしなくてはいけませんので多忙極まりなく時間がないのではと思います。
プロフィールムービーを作っていなかったと結婚式の直前で気が付くこともあります。
お急ぎの場合、結婚式のプロフィールムービーを最短最短5営業日で納品できる業者をご紹介します。

 

結婚式のプロフィールムービーは、ご自身で専用のソフトを使用して自作することも出来ます。
また、結婚式場やホテル専属の業者に制作を頼むことも出来ます。
ホテルなどの専属業者以外の業者に制作を頼むことも出来ます。
基本的に、結婚式のプロフィールムービーを制作するには1か月から2か月ほど掛かります。
よって、急ぎで作って欲しいと頼んでもなかなか受け付けてくれないかもしれません。

 

このサイトではホテルなどの専属業者以外の業者さんで急ぎでプロフィールムービーを制作できる所をご紹介します。
ホテルなどの専属業者以外の業者をご紹介するのは、スピーディーなのとクオリティーや費用の面からもメリットがあるからです。

 

急ぎでプロフィールムービーや生い立ちムービーの動画制作を頼みたい挙式の準備でご多忙なあなたのご参考になさって下さい。

 

結婚式のプロフィールムービーを業者に依頼する前に、写真やBGM音楽などの素材を用意しておく必要があります。
プロフィールムービーの素材を業者に送り、動画を制作してもらって、それをDVDなどにしたものを送ってもらう流れになります。

 

プロフィールムービーを急ぎで制作できる業者

結婚式のプロフィールムービーを急ぎで制作できる業者をご紹介します。

 

ナナイロウェディング

ナナイロウェディングは結婚式のプロフィールムービーを最短5営業日で制作できる業者です。

<特徴>

  • 最短5営業日で制作
  • 一律料金
  • セット価格がある
  • 実績は3500本以上
  • 修正は何度も出来る

 

ナナイロウェディングは、結婚式のプロフィールムービーを最短5営業日で制作出来ます。
標準プランで約4週間ほど、特急10日プランで約2週間ほど、特急5日プランで約1週間ほどでプロフィールムービーを制作出来ます。
最短は5営業日なので、土曜日・日曜日・祝祭日を除きます。

素材をご自宅から発送する時間と、業者からDVDなどをご自宅へ配送する時間は含まれませんのでご注意下さい。

 

料金は分かりやすい一律料金となっています。
結婚式場やホテルに支払うマージンが無いぶん、お求めやすい価格でプロフィールムービーを提供出来ます。
また、オープニングムービーやエンドロールもセット料金で制作することも可能です。

 

制作実績は3500本以上で、映像のプロがしっかり制作します。
また、修正は何度も無料で行うことが出来ます。
プロフィールムービーをお急ぎの方は、動画を何度も修正をするのは難しいと思いますので、事前にどのようなプロフィールムービーを制作してほしいのかしっかりと要望をなさって見て下さい。
人気のプロフィールムービーは、すごろく風、カフェ黒板風、検索画面風です。

 

プロフィールムービーをお急ぎで作る場合、写真、音楽、コメントなどを事前にご用意しておくことをおすすめします。

 

ナナイロウェディングをお申込みの方はこちらをご覧下さい。

↓     ↓     ↓

 

素敵なプロフィールムービーを作って思い出に残る結婚式を挙げて下さい。

 

ご注文の流れ

@上記の水色のバナー(ボタン)をクリック・タップしてナナイロウェディングのページに進みます。
Aページの下部の「お問い合わせ・資料請求」ボタンをクリックします。
B必要事項を入力します。
Cナナイロウェディングから連絡があります。

 

ムービー制作の流れ

@お好きなムービーを探します。
探すのが難しい場合はプランナーがマッチしたムービーを提案します。
A料金の支払い
B写真、音楽、コメントを用意して送付します。
コメントは、両親、兄弟、祖父母などの家族の他、いとこ、友人、中学や高校の部活のメンバーなどのメッセージがあると感動的です。
最後の言葉はこの人にお願いすると考えておくといいかもしれません。
写真は、家族旅行、七五三、入学式、卒業式などのあなたとパートナーの生い立ちが分かるものがいいのではないでしょうか。

 

C完成したプロフィールムービーをチェック
Dムービーを収録したDVDが届く

 

プロフィールムービーを作るには

プロフィールムービーやプロフィールビデオを作るには、ご自身で制作するか動画作成業者に頼むという2通りの方法があります。
自分で作る場合、業者に頼む場合、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

自作する場合

動画を自作する場合のメリットとデメリットはこのとおりです。
<メリット>

  • 費用が安い
  • 手作り感がだせる

<デメリット>

  • 時間と手間がかかる
  • クオリティーが低い

結婚式のプロフィールムービーを自作するメリットは費用が格安ですむことです。
専用のソフトを使用すればムービーを作ることが出来ます。
作り方が分かっていて慣れていれば、作業は簡単かもしれません。
結婚式を挙げるとそれなりに費用が掛かりますので、製作費を抑えることができるのは有難いかもしれません。
また、自作しますので手作り感がだせ、自由にムービーを作れます。

 

一方でデメリットは、時間と手間が掛かることです。
ただし、結婚式で流すムービーを友人や知人に依頼すれば、時間と手間の問題は解決できます。
ウェディングの準備は多忙です。
プロフィールムービーを作る時間がなかなか作れないかもしれません。
とくに急ぎで作るのは慣れていないと難しいかもしれません。

 

メリットに手作り感がだせると書きましたが、逆に言うとクオリティーが低くなります。
来賓の方に失笑されることもあるかもしれません。
あと、音楽やアーティストの曲やアニメなどを使用する場合は著作権の問題をクリアーする必要があります。
著作権フリーの楽曲なら著作権の問題はありません。
式場によっては、著作権が理由で自作したプロフィールムービーを上演出来ないこともあるのでご注意下さい。

 

 

業者に頼む場合

プロフィールムービーを業者に頼む場合のメリットとデメリットについてです。
業者といっても2種類あり、ホテルや結婚式場と提携している業者と提携していない業者があります。

 

<メリット>

  • クオリティーが良い
  • 著作権の対応も出来る
  • 式場と連携が出来る
  • 手間と時間が掛からない

<デメリット>

  • 費用が掛かる

 

結婚式の動画制作を業者に頼むメリットは程度の差がありますが、クオリティーが比較的高いことです。
おしゃれ、面白い、感動できる、シンプル、スライドショーなど業者によっては様々なタイプのムービーが作成できます。

 

式場と提携している業者の場合クオリティーが低いことがありますが、式場と提携していない業者はクオリティー高い傾向があります。
式場と提携している業者なら式場との連携がとれますし料金の支払いなどの契約面で一括が出来ることがあります。
業者に依頼した場合、音楽などを使用する際の著作権の申請を行ってくれますので、手間が掛かりません。
動画の作成をお急ぎの場合に、対応してくれる業者もあります。

 

一方でデメリットもあります。
自作するのに比べると費用が安くはありません
式場と提携している業者だと式場に支払うマージンを料金に加算することがありますので費用が高くなります。
式場と提携していない業者ならマージンを支払いませんので、その分費用を抑えることが出来ます。

 

結婚式の準備

結婚式の準備は数か月前から用意周到になさっている方が多いと思いますが、しかし実際は1か月前くらいからバタバタとされてしまう方もいらっしゃいます。
数か月先のことってあまり実感がありませんし、初めてのことですのでなおさらではないでしょうか。

結婚式を行う日時は事前に決めていますので、結婚式や披露宴を行い会場は確保していると思います。
式典に参列する方のリストアップも行ってると思います。
そして、結婚式や披露宴のお誘いの案内の発送なども計画なさっていると思います。

 

結婚式の準備の中でドタバタしてしまい、急ぎでやらなくていけないことや、変更を行わなくてはいけないことは、結婚式や披露宴の詳細についてではないでしょうか。

 

結婚式などで着る衣装についてドタバタすることがあります。
ドレスや着物を着ますが、お色直しがありますので数着ほど用意しておく必要があります。
レンタルしたり購入したりすると思いますが、注文がギリギリになって急ぎで行っても、希望するサイズや色が無かったりすることがあります。
希望と違うサイズや色や素材でも仕方ないから注文すると金額がことなってくることもあります。
また、衣装に合わせるネックレス、イヤリング、ティアラ、グローブ、靴、ブーケなどの小物を決めていないと、こちらも急ぎで注文することになりかねかせん。
衣装と同じように、希望する物がなく別のものに変更すると料金がことなってくることがあります。
あと、美容室や美容師も確保しておくようです。

 

あと、披露宴などで流すBGM、プロフィールムービー、エンドロール、オープニングムービーなどの式典を盛上げる素材も用意しておくようです。
音楽に関しては著作権がありますで、式場ときちんと事前に打ち合わせをしておく必要があります。

 

このように、結婚式の準備でついつい後回しになったり、忘れていたりすることがあると、急ぎで行わなくてはいけなくなり、当初の予定と違ってくることがありますので、結婚プランナーさんがいるのであれば打ち合わせや用意する物の一覧をもらっておくとよいのでないでしょうか。

更新履歴
page top